入塾・体験・希望者へ

下記の要領でメールして体験日を決めてください。
平野塾HPのお問合わせからも可
igakubujyuken.hirano@gmail.com(受信拒否解除しておく事)
 1.氏名
 2.年齢
 3.現状況 学校・学年など
 4.志望校(学部) 
 5.今まで通っていた英語塾
 6.紹介者(知ったきっかけ)

★「平野塾ブログは毎日必読
ブログリーダーに登録する事
 instagram 
hiranojuku 
②mari_hirano0430
 
裏ブログ「またあした・・・

              

★授業時間 
入門クラス  19:00〜2時間〜21:00  
初級クラス  18:00〜3時間〜21:00
中級クラス  18:00~3時間~21:00
上級クラス  18:00〜3時間〜21:00

★8月日程
全クラス3回授業月
(月)入門クラス 
1・8・15
(火)初級クラス
2・9・16
(水)中級クラス
・10・17
(木)上級クラス 
4・11・18


★国語・京大国語クラス
隔金曜日にレギュラー
京大国語は月一回
夏期講習古文は8月14日
★化学クラス 月一回クラス
8月13日


8月3日(水)


「裏ブログ 美ケ原を歩く その3」 

6月最後の授業日にお土産を持ってきてくれて
皆でいただきました
 ありがとうね〜

IMG_0262


明日からまた講習の再開なので
今日中にちゃんとしておきたいと思って
 郵送しました

今回のことはかなり本気で考え
    時間をかけて結論を出しました

手書きではありませんが下記の手紙です

・・・・・MAGO
クラスのお母様方へ・・・・・・

先日ブログでの発信でも私の気持ちを少しはお分かりいただけたと思いますが

あれから一ヶ月間MAGOクラスは塾の授業はせずに7月を終えました。

けれど来てくれればやはり不思議なものです。
可愛い姿を見ていると無駄に帰したくないなぁと思うものです。
何か一つでもわかってもらって帰したいと思って教えておりました。

 

けれど毎回同じことを何度も繰り返すだけではありましたが・・・

それはそれでいいのです。先のある子達ですから焦ってはいませんし。

 

そして8月を迎える段階で「小学生」にとっての「夏休み」を改めて考えてみました。

二度とない六年間での一ヶ月の「夏休み」はかけがえのない貴重な休み。

これからの人生でまるまる一ヶ月間も休めるってほぼ皆無になります。

中学や高校に入れば「夏の講習」もありますから・・・

 

家族で行った旅行。
おじいちゃんやおばあちゃんとの時間。

自然と関わった思い出、
ミーンミーンという蝉の声、夜空の星。

ジリジリと照りつける太陽。
青い海の上のむくむくとした真っ白な入道雲

学校の宿題に毎年夏の終わりには泣かされた嫌な記憶。

 全てが貴重な人生の思い出だとこの歳になって鮮明に思い出されるのです。

 そんな大事な夏に「毎週今日は塾の日」だと
現実に戻すのが可哀想だと思い、
8月は思いっきり遊んで思い出を作りなさいとお休みを決定しました。
そこで今は9月以降のことを考えています。どうしようか・・・

 

 今年の4月に
MAGOクラス」を開設しようと思ったのは、
これまで教えてきた受験生、特に浪人生達を見てきて「遠回りの勉強」をしてきたんだ思い、
基本をきっちりと教えておけば「こんな遠回り」をせずに済んだのに・・・と思ったからです。
だから「一」から教えたいと!

 

 でも現実は違いました

小学生なのに忙しすぎる、平野塾だけに来ていると思っていたのは無知過ぎました。
一週間のスケジュールはいっぱいでした。
英語は「一」から教えられると
思っていたのも違いました。
既に他の知識がどっさりと整理されないままで頭の中に入れられていました。
学校の宿題はまるで「丸覚え推奨」で
「論理」のカケラも見えず、
理論立てて一歩一歩教えていこうとしても「丸覚えの宿題」に阻まれる始末。

可哀想に小さな頭の中に理論立てのない単語や活用表だけが埋め込まれている現実はショックでした。

その頭にそれ以上新鮮な知識を入れるのは到底できないのです。

 

 当人達にそれを望む「きっかけ」が生まれるまでは。それが中学になっても高校になっても待っています。
その時が「旬」です、
それからでも現役合格は間に合わせますよ。

現に今までの塾生は高校から来ても浪人してきても合格していますから・・・

むしろそれまでに
「平野」を嫌がられる方が怖いのです。
最後の「切り札」になりたいのです。

 

 それまでは少なくとも平野塾にきていた月曜日だけはフリーになる彼らです。
伸び伸びとしてください。
他の塾に行かれるのももちろんご自由です。
とりあえず入塾金だけはお返ししておきますね

  大きくなって会える姿を楽しみしています  
     愛してます   
      センセより 2022
 8月1日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

センセがあまりに無知でした
小学生がこんなに忙しいとは!
小学生の頭に英語の知識が整理されずに雑に詰め込まれているとは!
小学生は英語の暗記をここまで要求されてるとは!


小学生は学校から帰ったらおやつ食べてる・・・
そんな昭和の小学生を想像していました。

それなら一から丁寧に丁寧にゆっくり時間かけて教えていけるなぁ
動詞の活用を丸覚えしろと教えるよりも
「過去分詞はね・・・・こういう時に使うんやねん
 現在分詞はね・・・・こういう時に使うんやねん
 そやから覚えておかんと困るねん・・・」って
ENN君にならそうやって教えてるやろうなぁ・・・って

中学生になれば話は違います
競争心も出てきます
理解力も集中力も小学生時の数倍ついてきます
「なぜ??」という疑問も持てます
まず「日本語」の理解ができてきます

これ以上小学生の頭脳を疲労させてはいけない
毎日毎週やることがいっぱいなんだから。。。
でないと途中でバッテリー切れが生じる
最後の最後の受験までもたない
 7〜8年先・・・・までもたない・・・

センセだってこの状況で教え続けるとなると
小学校の教え方と
それまでに詰め込まれた雑知識とに
 打ち勝つのに疲労困憊してしまい
小学校の英語教育自体にも怒りまくりでしょうから

ということで途中断念となった夢ですが
かけがえのない子供たちの姿を目に焼き付けて 
 しばらく温めておきます

まずは
 再会までセンセが長生きしておくことが大事ですね

たまにはメッセージ&ラインください
インスタで繋がっているお子さん達の姿は
  これからも楽しみに拝見しますね

  明日か明後日くらいにには郵便がつくと思います
  すみません・・・